« ツォツィ | トップページ | ブラウンバニー »

2011/05/20

ホワイト・オランダー

強く美しくあるために毒を放つ花。

という花らしい、ホワイト・オランダーとは。
そしてこれは、主人公の母親のことを意味するらしい。
なるほどなぁ。

なんだか私には難しいまま、終わってしまった。
もう1回見ようかと思ったけど、なかなかそこまでは思えず
レンタル期間が過ぎ、返却。
そのあとネットで他の人のコメントを読んで、映画を理解。苦笑

母親の強さが生や個性だけでなく、
子供に向けられる思いも強すぎた。

そして、それに応える・・・というか、
それを跳ね返すまでに子供も強かった。
そして、子供には純粋な愛があった。

母親の方が、我が強かったのかなぁ。
母親に魅力を感じない原因に、
演技力を上げたレビューもありましたが。

私にとっては、いまひとつ消化不良。

主役のアストリッド(アリソン・ローマン)はよかった。可愛かった。


☆☆★★★

|

« ツォツィ | トップページ | ブラウンバニー »

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129670/40066007

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・オランダー:

« ツォツィ | トップページ | ブラウンバニー »